上手に褒めてあげる

上手に褒めてあげる

キャバクラ嬢って、何故今の仕事を選んでいると思いますか?みなさんはこれまでに考えたことがあるでしょうか。

キャバクラ嬢がキャバクラで働く気持ち

お金が欲しいから、ちやほやされたいから、そんなイメージを持っている男性も多いと思いますが、実のところそういった部分は確かな正解とは言えないかもしれません。

お金がほしい、人から認められたい、そういった気持が湧いてくるのは「心に闇があるから」なのではないかと思うのです。

寂しいい、悲しい、愛されたい、満たされたい、そんな気持ちがあるからこそ、お金や他人からの評価などで自分を満たそうとしてしまうのです。

それではいけないことは分かっていても、自分を満たす方法を知らないからなかなかうまくいかず、負のループに陥っている嬢もよくいます。


理解してくれる相手を必ず心のどこかで探している

そういったどこか心に悩みを抱えている方が多いのがこの業界の特徴とも言えるかもしれません。

もちろん、これは男性にも同じようなことが言えます。

さて、ここまでお話をすればもうお分かりでしょうが、つまり嬢と親しくなりたいのなら相手のそういった気持ちを見抜き、汲み取り「上手に褒める」「相手のことを認める」ということを実践するのが近道と言えるでしょう。

嬢も、そういったことを理解してくれる相手を必ず心のどこかで探しているもの、この人なら分かってもらえるかも…と感じてもらえれば、きっとゴールは近いはずです。

  • 1

記事一覧

上手に褒めてあげる

キャバクラ嬢って、何故今の仕事を選んでいると思いますか?みなさんはこれまでに考えたことがあるでしょうか。

キャバクラ嬢がキャバクラで働く気持ち

お金が欲しいから、ちやほやされたいから、そんなイメージを持っている男性も多いと思いますが、実のところそういった部分は確かな正解とは言えないかもしれません。

お金がほしい、人から認められたい、そういった気持が湧いてくるのは「心に闇があるから」なのではないかと思うのです。

寂しいい、悲しい、愛されたい、満たされたい、そんな気持ちがあるからこそ、お金や他人からの評価などで自分を満たそうとしてしまうのです。

それではいけないことは分かっていても、自分を満たす方法を知らないからなかなかうまくいかず、負のループに陥っている嬢もよくいます。


理解してくれる相手を必ず心のどこかで探している

そういったどこか心に悩みを抱えている方が多いのがこの業界の特徴とも言えるかもしれません。

もちろん、これは男性にも同じようなことが言えます。

さて、ここまでお話をすればもうお分かりでしょうが、つまり嬢と親しくなりたいのなら相手のそういった気持ちを見抜き、汲み取り「上手に褒める」「相手のことを認める」ということを実践するのが近道と言えるでしょう。

嬢も、そういったことを理解してくれる相手を必ず心のどこかで探しているもの、この人なら分かってもらえるかも…と感じてもらえれば、きっとゴールは近いはずです。

さりげなく好意をアピール

女性を口説くにあたって、適切な距離感の詰め方がとても重要だということについては十分にお分かり頂けたのではないかと思います。

活用してもらいたいテクニックはこれ

そこで、今回は次のステップとしてぜひ活用していただきたいテクニック「スキンシップ」についてご紹介していきましょう。

少しおさらいですが、女性と仲良くなるためには心の近さ、つまりお互いの親近感と現実物理的な距離が一致していないと「ひかれる」ことになります。

相手がこちらに対して壁を作っているのにも関わらず、告白をしてみたり、むやみやたらに好意をアピールするのは大きくマイナスになるのです。

そのため、できるだけ早い段階で距離感を掴むためのスキルを身につけるようにしてください。

相手からは常に何かしらのサインが出ているので、注意深く観察することが重要です。


ステップアップした存在に

さて、相手と気軽な雰囲気、関係性ができてきたなと思ったときに火を吹くのがボディタッチです。

普通なら嫌がられそうな所でも、お互いに打ちとけあっていれば何の問題にもなりません。

むしろキャバクラでやったら問題になりそうにも関わらず、スキンシップで逆に距離が縮まることもあるのです。

もし相手の子と仲良くなれてきたなと感じたら、冗談めかす感じで肩をポンとたたくなど、相手が不快感を覚えなさそうな部位からボディタッチをしてみてください。

相手の反応が悪くないようだったら、あなたの存在が受け入れられている可能性が高いとみてもいいと思いますよ。

頼れる男を演出

人によって向き不向きが出るかもしれませんが、幅広い女性をターゲッティングするなら絶対に押さえておきたいポイントが「頼れる男を意識する」ということ。

「自己肯定感」を意識して育てること

まずそこで何よりも大切なのは、「自己肯定感」を意識して育てることです。

自分に自信がない男性の自身ありげな感じって、できる女性はすぐに見抜いてしまいます。

なので、何でも良いので自分に自信がつくような長所を見つけるか、作ってみてください。

毎日欠かさずランニングができるとか、料理だけは得意だとか、自己満足度の高い趣味を育てれば、自然と自信がついてきます。

そういった趣味を相手にアピールする必要はないのですが、根本的な自信がついてくると相手は「なんだかこの人しっかりしてそう」だとか、「男らしい」と思ってもらえやすくなるのです。


実際に女性と接する際にのポイント

そして、実際に女性と接する際には「相手の話に合わせて肯定的な態度を取る」ことを意識してください。

相手にとってポジティブな存在であることがわかれば、なんとなく意識、付き合い方などがつい変わってきてしまうもの。

相手の話は否定せず、自分は理解しているよ、と伝えてください。どこか心に弱い部分のある女性が多いキャバクラでは、こういったテクニックが意外なほど功を奏すのです。

身近な存在であることをアピール

キャバクラ嬢から見たときに、通常お客さんの存在はお客さんでしかありません。

それは誰だってお仕事をしているわけですから、当然と言えば当然ですよね。

相手を口説くためにはこの壁を崩す

その場合、相手からすれば自分はお店の人、相手はお客さんという意識で接しているわけですから、なんとなく壁のようなものがあるのです。

これに気付かない男性も多いようですが、相手を口説くためにはこの壁のようなものの存在をまず認識してみてください。

「自分がお客さんとして扱われている」ことがしっかりと分かれば、逆に崩していきやすいのです。

さて、では実際にどうすればいいのか。まずは相手の話に共感することです。


フレンドリーな距離感の意識から始めよう

人は共感されるとお互いの境界線が曖昧になることが多いもの。

相手と親密になるためには、適切なあいずち、豊富な語彙力を用いて「うまく」相手との距離を近づけるように努力してみてください。

私はただのお客さんではありませんよ、あなたのことがよく分かる身近な男性なんですよ、という雰囲気をゆるく醸し出し、まずは親近感をわかせることが大切です。

一度に距離を詰めるのではなく、まずはフレンドリーな距離感を意識してください。

友達ぐらいの距離を最初は狙うのがとても重要なポイントですので、忘れないようにしてくださいね。